教育目標と保育方針

柏幼稚園の教育目標

「丈夫な体とやさしい心を持った子」
「友だちと仲良く遊ぶことができる子」

柏幼稚園の保育方針

文部科学省の幼稚園指導要領
○ 「遊びを大切にする」
○ 「子ども一人一人の個性を生かす」

 子どもの生活は、遊びが中心であり、子どもは遊びながらさまざまなことを学びます。たくさんの友だちといろいろなことをして遊んでいるうちに、社会性や自主性が培われ、人々の暮らしや感動することを自分で体験して育っていきます。
幼稚園は家庭から離れて始めての集団生活であり、基本的な生活習慣を学ぶととも、遊びながら身近な人や物事に興味を持ち、子どもの成長にとって大切なことを身につけていく所です。

○ 子どもを自分から興味を持った遊びの中で育てる。
・ 好きな遊びの中でこそ集中力や意志の持続力も身につきます。
・ いろいろ考える中で工夫が生まれ、うまくできれば自信となり、次にまたやってみようとする意欲につながります。
・ 友だちとけんかになる時もありますが、ルールやきまりを知ったり、相手の
考えや自分の思いをぶつけあい、どうしたらよいかを考えるようになります。
・ 友だちといっしょに活動することで友だちへの思いやりが生まれます。

○ 子どもを豊かな自然環境の中で育てる。
・ 子どもが成長する時は恵まれた自然の中で育つことが望ましいことです
・ 広い園庭で思いきり体を動かしまた本園の豊かな自然の中で春夏秋冬と季節の移り変わりも感じることができます。

保育者の役割

・ 園児がのびのびと自分を出せるよう、一人一人の個性を大事にして援助します。
・ 一斉活動の時間には担任の指導のもと、製作活動、お絵かき、音楽リズム、歌や踊り、体操など一斉の活動を行います。

本園では、一人一人が「丈夫な体とやさしい心を持った子」、「友だちと仲良く遊ぶことができる子」に育っていくよう保育を行っています。

PAGE TOP